固定の電話を新規で加入する人は、一昔前に比べれば激減しています。固定電話にとって代わったものは何でしょうか。

携帯電話の新規加入を検討
Contents
このエントリーをはてなブックマークに追加

固定の電話を新規で加入する人が激減している理由

携帯電話の新規加入を検討
20〜30年前は、固定の電話は一家に一台は必ずありました。携帯電話は普及していませんでしたし、ポケットベルを利用している時代でもありました。携帯電話が出始めのころは、そのあまりの大きさと価格の高さに、『これが本当に広まるのだろうか』と思ったものです。現在は、携帯電話、そして何よりSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が大きな存在をしめ、固定電話の存在を追い詰めています。企業単位ではまだまだ利用価値は高いでしょうが、個人では、特に若年層には必要とすら思われていないでしょう。

SNSやインターネットサービスを利用した無料通話では、気の合う仲間や家族となら、『無料』で通話が可能です。携帯電話の費用さえ払わないでも済むようになってきている時代に、回線を引いてまで加入をしたいとは思わないのではないでしょうか。最近ではその傾向は特に強くなってきています。有名なSNS会社のサービスは、通話だけでなく、そのほかの付加価値を利用者に与えています。通話が前提ではなく、通話はあくまで他サービスの一部でしかないのです。『通話は無料』で当たり前の時代になってきていることを、早めに認識しておくべきでしょう。それでも、固定の強力で安定した回線は、会社や組織の重要な建築物などではこれからも必要とされるでしょう。通話手段以外の価値が高まることによって、その存在もまた違った方向にアピールし、加入者を増やしていくことができるかもしれません。進化する技術方向の特化。固定回線の未来に期待しましょう。

注目リンク



Copyright(c) 2017 携帯電話の新規加入を検討 All Rights Reserved.