電話の加入というのは、派遣とかであちこち引っ越ししている時にたまに付けたりもしますが定住が一番です。

携帯電話の新規加入を検討
Contents
このエントリーをはてなブックマークに追加

電話の加入についての一考察

携帯電話の新規加入を検討
電話の加入に付いてですが今はどうなっているのだろうか。自分が最初に加入したのは、1991年の4月に浦和市(今のさいたま市浦和区)に派遣で行っていた時にアパートに電話を付けました。当時加入料が75000円くらいしました。しかし、新聞配達の仕事をしていたのですが作業場の方で住み込みができるというので3ヶ月のうち最後の1ヶ月は、全然使わなかったです。夜中に「早く仕事に来い。」みたいな電話がかかるので電話線も除けていました。しかし、7月に地元の高知市に帰省してもちゃんと浦和市(今のさいたま市浦和区)から請求書が来ました。当時は、インターネットもなかったので電話の回線とかにも特別興味はありませんでした。それから1993年の11月に自分のおばあさんが経営するアパートに引っ越しましたが電話回線のモジューラージャックみたいなのがありましたが加入しませんでした。

そのおばあさんが経営していたアパートも2年ほどで道路の拡張工事で立ち退きとなり自分の父親が子供の頃住んでいた家に引っ越しました。母屋は、もう古くて使えないので元は染物屋の作業場だった所をリフォームして住むようにしました。それで電話用の設備も付けたので電話に加入しました。何と電話の加入権の延長が5年までだったので浦和市(さいたま市浦和区)で解約した7月9日頃から逆算すると1996年7月9日で75000円がパーになる(無駄になる)ところでした。今の家で電話に加入したのは1995年11月の初め頃なのでもうあまり残り期間はありませんでした。その後電話機もプッシュホンに替えインターネットもダイヤルアップからADSLにそしてフレッツ光にしました。SDSLのIP電話の時期もありましたが、今はひかり電話です。電話も掛かってくるのは、無駄な誰にでもかけてくるような内容の話が多く回線を高機能にしてもその傾向は変わりません。

注目リンク



Copyright(c) 2017 携帯電話の新規加入を検討 All Rights Reserved.